カードローン選びで重要な金利の水準

お金が必要であれば、現在の手持ちの現金を使えば良いですし、預金があるなら引き出したり振込を済ませるだけで完了します。ところが手持ちの現金も預金も少ない状態であれば、お金を使うことが困難です。今お金がないのであれば、様々な金融機関から発行されているカードローンに申し込んでみましょう。カードローンはキャッシュカードサイズのカードにキャッシング機能を搭載した商品です。利用できるATMに挿入するだけで、その場でお金を借りられるのが便利です。銀行や信用金庫、消費者金融や信販会社などから魅力的なカードローンが提供されています。使いやすいものや、条件に合ったものを選ぶだけで構わないものの、選ぶ際に気を付けたいのが金利の水準です。

カードローンの商品説明をそれぞれ見ていくと、4%や14%、18%などの割合が必ず記載されています。これこそが金利です。金利は、お得にお金を借りられる目安として役立つものです。理由として、利息の計算式に組み込まれるというのがあります。お金を金融機関から借りる際に、無償で借りられることなどありません。キャッシングサービスは商売として金融機関が取り扱っているものですから、お金を貸し出す代わりに利息を追加して、利用者に請求します。いわゆる利用手数料のような存在です。利息は日割り計算で導き出されます。借り入れた日数が多いほど高くなる傾向がありますが、金利が高くなると比例して利息が高くなるようにもなっています。つまり、4%と14%の金利があったなら、利率の低い4%の方が同じ条件でお金を借りた場合に支払う利息が少なく済み、お得に借りられる結果になります。様々な金融機関のカードローンを見ていくと、消費者金融や信販会社を選ぶよりも、銀行や信用金庫の方が金利が低く設定されているものがほとんどです。前者だと少ない借り入れの場合で18%近い設定になる一方で、後者の金融機関だと14%台くらいの設定が多く見かけられます。