カードローンとは?キャッシングとどう違うの?

カードローンとは、銀行、地方銀行、信用金庫、消費者金融などの金融機関から無担保でお金を借りることができ、分割で返済することが可能な融資のことです。(カードローンおすすめ利用方法)金利や返済方法などは様々ですが、どんなタイプでも必ずカードローン会社の信用性調査を受けて審査に通る必要があります。カードローン会社は、個人の年収や過去に借金の延滞などがないかなどの信用情報をもとに審査を行い、金利や利用限度額を決定します。 カードローンでは利用限定額の範囲であれば利用回数に制限はなく、何度でもATMからお金を借りることが出来ます。消費者金融の場合は「総量規制」という制度の影響を受け年収の3分の1以上の借金をすることはできません。住居を買うなど3分の1以上の借金をしたい場合は銀行などを利用しましょう。

お金を借りる似た方法にはキャッシングというものもありますが、キャッシングでは返済の方法にルールがあり、翌月一回払いで返済することになっています。したがって利用限度額も多くの場合カードローンのそれよりも低い場合が多いのです。注意すべきはリボ払いという方式です。正しくは「リボルビング払い」と言い、借金した額などに関わらず毎月の支払いの額を一定にするものです。通常借金したら何回で返すか決めますが、リボ払いでは毎回いくらずつ支払っていくかを決めるのです。借金を支払うのに長い期間がかかりその分利息がつくため、もともと借りていた額よりも高額のお金を支払う必要が出てくるのです。金利が高いリボ払いから脱却するためにカードローンを利用する方法があります。リボ分の全額をカードローンで借りて支払いを済ませてしまいます。カードローンのほうが金利が低いため、今度は余裕をもってカードローンへの借金を返していけばよいのです。カードローンの審査ではリボ残高があることは問題とされない場合が多く、滞納の履歴が無ければこの方法を利用するほうが効率が良いでしょう。最近ではカードローンにもリボ払い出来るものがあり、その境界線はあいまいになってきていると言えるでしょう。